【音楽】「史上最高のロック・アルバム」ランキング・べスト100 (uDiscoverMusic) ★3 [湛然★]

1 :湛然 ★:2021/12/30(木) 18:33:29.19 ID:CAP_USER9.net
「史上最高のロック・アルバム」ランキング・べスト100【動画付】
Published on 12月 25, 2021  uDiscoverMusic Written By Brett Milano
https://www.udiscovermusic.jp/stories/the-greatest-rock-albums-2

何百時間も頭を悩ませ、数え切れないほどレコードを聴いてついに完成した、これまでで最も野心的で、 (願わくは) みなさんを最もわくわくさせてくれる ―― そんなリストをご覧に入れよう。史上最高のロック・アルバムのランキング・べスト100である。

はじめにその選定にあたって定めたルールを説明しておこう。まずリストにおいて、できる限りロックの歴史を網羅するが、一方でそれぞれのアルバムがリリースから数年経ってもまったく色あせていないことを条件とした。また”ロック”の定義をかなり限定的に解釈し、主にギターを中心とした音楽としている。しかしながら、それがあまりにも重要なアルバムであった場合には、少数だが例外としたセレクトしたアルバムもある。

要するに、基本的にはブルース、カントリーやR&Bは (それらがロックに与えた影響の重要性は認めつつも) このリストに含まれていない (厳密にはR&Bに分類されるような作品も少しだけ含まれるが、ロック色の強いものに限っている) 。また、ほかのジャンルもいくつかここでは省いた。エレクトロニカや、アコースティックのシンガー・ソングライターなどはロックと密接に関わってはいるのだが、厳密にはその一部とはいえないだろう。そういったジャンルのためには、またほかのリストが既に存在しているか、あるいは今後作成するつもりだ。

(※中略)

1位 : リトル・リチャード『17 Grooviest Original Hits』

2位 : チャック・ベリー『The Great Twenty-Eight』

3位 : ザ・ビートルズ『The Beatles (The White Album) 』

4位 : ニルヴァーナ『Nevermind』
5位 : ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス『Electric Ladyland』
6位 : エルヴィス・プレスリー『From Elvis in Memphis』
7位 : ボブ・ディラン『Highway 61 Revisited (追憶のハイウェイ61) 』
8位 : ジェリー・リー・ルイス『Live at The Star Club, Hamburg』
9位 : ガンズ・アンド・ローゼズ『Appetite for Destruction』
10位 : ザ・ローリング・ストーンズ『Exile on Main Street (メイン・ストリートのならず者) 』

11位 : ザ・ビーチ・ボーイズ『Pet Sounds』
12位 : レッド・ツェッペリン『IV』
13位 : フリートウッド・マック『Rumours (噂) 』
14位 : ザ・クラッシュ『London Calling』
15位 : プリンス&ザ・レヴォリューション『Purple Rain』
16位 : レディオヘッド『OK Computer』
17位 : アイク&ティナ・ターナー『River Deep-Mountain High』
18位 : ファンカデリック『Maggot Brain』
19位 : イギー&ザ・ストゥージズ『Raw Power (ロー・パワー [淫力魔人] ) 』
20位 : セックス・ピストルズ『Never Mind the Bollocks (勝手にしやがれ!!) 』
21位 : バディ・ホリー&ザ・クリケッツ『The ‘Chirping’ Crickets』
22位 : ブルース・スプリングスティーン『Born to Run (明日なき暴走) 』
23位 : エルトン・ジョン『Goodbye Yellow Brick Road (黄昏のレンガ路) 』
24位 : ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ『The Velvet Underground & Nico』
25位 : ピンク・フロイド『Dark Side of the Moon (狂気) 』
26位 : クイーン『A Night at the Opera (オペラ座の夜) 』
27位 : ラモーンズ『Ramones (ラモーンズの激情) 』
28位 : デヴィッド・ボウイ『The Rise & Fall of Ziggy Stardust & the Spiders from Mars』
29位 : ザ・フー『Who’s Next』
30位 : AC/DC『Back in Black』

前スレ(★1=2021/12/27(月) 21:17:29.85)
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1640607449/

2 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:33:40.97 ID:H2KfOJfw0.net

31位 : スティーリー・ダン 『Aja (彩 [エイジャ] ) 』
32位 : ジョン・レノン『John Lennon/Plastic Ono Band (ジョンの魂) 』
33位 : ジャニス・ジョプリン『Pearl』
34位 : グリーン・デイ『American Idiot』
35位 : ニール・ヤング『After the Goldrush』
36位 : マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン『Loveless』
37位 : パティ・スミス『Horses』
38位 : デフ・レパード『Hysteria』
39位 : クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル『Willie and the Poor Boys』
40位 : ブラック・サバス『Paranoid』

41位 : ビキニ・キル『The First Two Records』
42位 : ピクシーズ『Doolittle』
43位 : ボン・ジョヴィ『Slippery When Wet (ワイルド・イン・ザ・ストリーツ) 』
44位 : ヴァン・ヘイレン『Van Halen (炎の導火線) 』
45位 : ザ・リプレイスメンツ『Let It Be』
46位 : U2『Achtung Baby』
47位 : オールマン・ブラザーズ・バンド『At Fillmore East』
48位 : リズ・フェア『Exile in Guyville』
49位 : メタリカ『Master of Puppets (メタル・マスター) 』
50位 : ザ・キュアー『Disintegration』

51位 : トーキング・ヘッズ『Remain in Light』
52位 : レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン『Rage Against the Machine』
53位 : バッド・ブレインズ『Bad Brains』
54位 : デレク・アンド・ザ・ドミノス『Layla and Other Assorted Love Songs (いとしのレイラ) 』
55位 : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ『Damn the Torpedoes (破壊) 』
56位 : ソニック・ユース『Daydream Nation』
57位 : ZZトップ『Tres Hombres』
58位 : キッス『Alive! (地獄の狂獣 キッス・ライヴ) 』
59位 : ジョイ・ディヴィジョン『Closer』
60位 : ブロンディ『Parallel Lines (恋の平行線) 』

61位 : モーターヘッド『Ace of Spades』
62位 : ザ・ストロークス『Is This It?』
63位 : ザ・ゴーゴーズ『Beauty and the Beat』
64位 : ラッシュ『Moving Pictures』
65位 : ベティ・デイヴィス『They Say I’m Different』
66位 : アークティック・モンキーズ『AM』
67位 : アーケイド・ファイア『Funeral』
68位 : サウンドガーデン『Superunknown』
69位 : グレイトフル・デッド『Workingman’s Dead』
70位 : クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ『Songs for the Deaf』

3 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:33:53.19 ID:H2KfOJfw0.net

71位 : スリーター・キニー『Dig Me Out』
72位 : メガデス『Rust in Peace』
73位 : R.E.M『Murmur』
74位 : シン・リジィ『Jailbreak (脱獄) 』
75位 : ラヴ『Forever Changes』
76位 : ザ・ポリス『Synchronicity』
77位 : PJ・ハーヴェイ『Rid of Me』
78位 : ザ・ドアーズ『The Doors (ハートに火をつけて) 』
79位 : ザ・ホワイト・ストライプス『White Blood Cells』
80位 : ホール『Live Through This』

81位 : TV オン・ザ・レディオ『Return to Cookie Mountain』
82位 : ジェネシス『Selling England By the Pound (月影の騎士) 』
83位 : エルヴィス・コステロ『Armed Forces』
84位 : ヴァン・モリソン『Astral Weeks』
85位 : スージー・アンド・ザ・バンシーズ『Juju (呪々) 』
86位 : ザ・カーズ『The Cars (錯乱のドライヴ) 』
87位 : ザ・キンクス『The Kinks Are the Village Green Preservation Society』
88位 : ボストン『Boston (幻想飛行) 』
89位 : ウィルコ『Yankee Hotel Foxtrot』
90位 : ザ・ヤー・ヤー・ヤーズ『Fever to Tell』
91位 : プリテンダーズ『Pretenders (愛しのキッズ) 』
92位 : ペイヴメント『Crooked Rain, Crooked Rain』
93位 : ザ・ジャム『Sound Affects』
94位 : ハスカー・ドゥ『Zen Arcade』
95位 : ディープ・パープル『Machine Head』
96位 : テレヴィジョン『Marquee Moon』
97位 : フランク・ザッパ『Apostrophe』
98位 : スマッシング・パンプキンズ『Siamese Dream』

(※99位以下略。)

1位 : リトル・リチャード『17 Grooviest Original Hits』

後世の偉大なロック・アルバムの数々も本作なしではあり得なかった。「Boo-Hoo-Hoo-Hoo」や「Send Me Some Lovin’ (愛しておくれ) 」といった比較的知名度の低いトラックを聴くと、リトル・リチャードがロックン・ロールに取り入れたルーツはゴスペルとブルースだったことがよくわかる。
だが「Tutti Frutti」や「Long Tall Sally (のっぽのサリー) 」には、これ以上ワイルドなロックはほかに存在しないだろうと思わされる。

2位 : チャック・ベリー『The Great Twenty-Eight』

ロック・シングルの巨匠であるチャック・ベリーの決定盤を挙げるならばこのベスト・アルバム以外にないだろう。間に合わせの捨て曲や知名度の低い曲というのはここには一切ない。
デビュー・シングルの「Maybelline」からマージービート・バンドが愛した「I Wanna Be Your Driver」まで、収録曲のすべてが後の世代の規範となったのだ。ロックン・ロールの聖典というものがあるとするならば、まさにこの作品のことだろう。

3位 : ザ・ビートルズ『The Beatles (The White Album) 』

『Revolver』はロックを代表する名盤として名高いし、『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』は数え切れないほどのバンドをサイケデリックなサウンドの追求に向かわせた。だが『The Beatles (The White Album) 』も、大胆に何もかもを取り入れた2枚組アルバムというスタイルで、これまた多くのグループに模倣された。だが本家ほど多様なスタイルを取り入れたバンドはほかにいない。
プロテスト・ソング、ヴォードビル風の風変わりな曲、童謡、力強いロック・ナンバー、耳なじみの良い子守唄、そして実験的なサウンド・コラージュなど枚挙にいとまがないが、今挙げた一連の楽曲は、アルバム全体のほんの一部 (D面) の収録曲に過ぎないのである。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

4 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:35:26.94 ID:OtVHKukP0.net

人の好みにランキングなぞ存在しねえ!

5 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:37:04.98 ID:6sY/HhAk0.net

モーニンググロリー一択

6 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:43:13.10 ID:UbKBW7EP0.net

サザンハーモニー

7 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:45:36.71 ID:7pLF6AdJ0.net

ソルジャーオブフォーチュン

8 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:47:45.05 ID:X2vZPeGn0.net

は?BTS入ってねえじゃん

9 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:48:38.21 ID:WmgPnYMF0.net

Buddy Guy – Living Proof (2010)
https://www.youtube.com/watch?v=PcffHd7wYOE

10 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:50:14.45 ID:5lpMw8WK0.net

サール・ポイモンは?

11 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:50:35.90 ID:jBP952bR0.net

>19位 : イギー&ザ・ストゥージズ『Raw Power (ロー・パワー [淫力魔人] ) 』

そんな副題がwww

12 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:51:30.41 ID:yRMI2kjc0.net

ニルヴァーナがそこはちょっとなんか違和感

13 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:53:34.99 ID:RqHBZmTx0.net

無理矢理黒人を1位にしないと死んじゃう病か
ベスト盤って反則だろ

14 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:53:55.62 ID:VO2oUPhd0.net

まだやるのか

15 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:57:57.52 ID:uX5XASBr0.net

黒人に媚びてるよな

どう考えてもリトルリチャードやチャックベリーはロックの棚じゃねえだろ
黒人は全部ソウル、R&B、ヒップホップで
まとめろや

16 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 18:58:47.49 ID:wolIs/y90.net

うわーなんだこの腐臭がするスレはと思って選者ググったら65歳の爺さんだった
ランキング大好きロックおじいちゃん

17 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:01:06.29 ID:uX5XASBr0.net

ロックンロールとロックは違う

ロックは哲学だろが

18 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:01:32.39 ID:JLXSoTOD0.net

ラ・ムーこそロックだ

19 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:04:14.46 ID:VBFBKf2+0.net

つーかこれアメリカ人が選んだって事だろ

20 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:07:07.60 ID:EO7yfvFk0.net

ベスト盤でリトルリチャードだのチャックベリーだの言ってるわりにガンズとか高過ぎだろ
ベストありならビートルズとツェッペリンで主要ロックはほぼ補えるから
ニルヴァーナとか自殺で過大評価されてるから三十位くらいでいいよ

21 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:10:08.09 ID:TrcmrJ/Z0.net

ニックケイブのテンダープレイは入れてほしかった

22 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:19:10.26 ID:UpSXy+mv0.net

>>15,>>17

974名無しさん@恐縮です2021/12/30(木) 16:22:01.23ID:UpSXy+mv0
海外はロックとロックンロールを区別しないからリトルリチャードもチャックベリーもロックなんだよな
ロックとロックンロールを区別したがるのは日本人特有の奇異な慣習

>>974
983名無しさん@恐縮です2021/12/30(木) 17:31:47.78ID:j77w+Kmh0
マジでそれ
芸スポ板でロックスレが立つといつも
ロックンロールとロックの違いを語る奴いるけど
アメリカイギリスでは気にして無いし
ミュージシャン達もロックンロールかロックかで曲作ってるわけじゃないしね

23 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:25:25.76 ID:xFRlt4po0.net

ビートルズがツアーに出てもキャーキャー言われるだけで
もううんざりして活動をスタジオに切り替えたところからロックに変わった
アルバムで言えばリボルバー、サージェント、ホワイトアルバムの三作。
ロックンロールから芸術的、あるいは内向的な音楽へと代わり革命をもたらした。
ところが同時に彼らは何かを失っていることに気づく。
それはロックンロールの持つエネルギーであった。

24 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:30:00.97 ID:YGD5c0aL0.net

ある日レニークラビッツがプリンス愚痴を言った
「なあ、ロックンロールを作ったのは俺たち黒人なのになんで白人しか見に来ないんだい?」

25 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:34:37.83 ID:uX5XASBr0.net

>>22
ミュージシャンは分けて作ってるよ

ピンクフロイドがのっぽのサリーやるかよwww

26 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:35:07.26 ID:eZUqng7x0.net

決めた今年はTOMMY観ながら年越しするわ
奥様の豆風呂のとこで丁度年越ししたいな

27 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:36:10.98 ID:WmgPnYMF0.net

Jimi Hendrix – Live at the Fillmore East
https://m.gomusic.fm/jimi-hendrix/live-at-the-fillmore-east/

28 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:37:55.33 ID:VkxdA2NN0.net

>>7
あれは名盤

29 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:39:48.25 ID:UpSXy+mv0.net

>>25
そりゃピンク風呂井戸みたいな下手くそじゃのっぽのサリーはできないからな

30 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:40:04.87 ID:uX5XASBr0.net

ツェッペリンやヒープのロックンロールメドレー
あれ退屈極まりないけど
海外だと需要あるのかな?

31 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:40:22.87 ID:EO7yfvFk0.net

天国への階段でツェッペリンもto be a rock and not to rollと歌ってるけど
黒人が作ったロックンロールと白人が作ったロックっていうイメージがある
あえて言うならただのダンスミュージックじゃなくって
そこに哲学や革新性が入ったものがロック
まあ今となってはそれも意味が無いけどね

32 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:42:34.49 ID:uX5XASBr0.net

>>26
トミーとかめちゃくちゃいいね
リーズのトミー聞くわ

33 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:43:21.66 ID:9wXCIRmA0.net

>>31
白人がパクっただろ

34 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:44:49.36 ID:xFRlt4po0.net

ポールマッカートニーは
「リボルバーからジョンの曲をつまらなく感じるようになった」と語っているが
ジョンレノンほどの男ならあのあたりで何か考えるところがあったのではないだろうか
常人の計り知れないレベルでの途方に暮れるような何か
結局ホワイトアルバムの後、ビートルズはゲットバック撮影に入り
サウンドはロックンロールへ回帰していく

35 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:49:44.69 ID:WmgPnYMF0.net

ジミヘンはやっぱライブ音源ですわ

36 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:50:49.96 ID:aZZeiSEd0.net

まさかの3スレ目w
もう蘊蓄やら能書きやら自分語りやらもういいから、好きなの聴けよ、もう。。。w

37 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:51:04.32 ID:EO7yfvFk0.net

>>33
逆もしかりなのよ
最初は黒人の真似から入ったのは確かだけど成熟してきてからは
明らかに黒人のロックンロールとは違うからな
黒人でもマイルスやジミヘンみたいな革新者は逆に白人からロックをとり入れようとしたのよな

38 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:51:40.23 ID:UpSXy+mv0.net

>>36
正解w

39 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:53:52.29 ID:DIqzmLpD0.net

>>33
それをいったら黒人もクラシック音楽からパクったということになるんでは?

40 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:54:18.07 ID:4LBzAEdx0.net

>>24
その二人でテレンス・トレント・ダービーを囲んで
「お前たまには人まねじゃないもの作れよ」とか恫喝したらしいな

41 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:57:27.60 ID:YGD5c0aL0.net

ロックンロールはプレスリーやジェームスディーンを始めとした
当時の若者の社会現象でそれを問題視した親世代がその後10年近く規制をかけていた
そんななか若者の熱狂的な支持を得て出てきたのがビートルズで
彼らが(機材の急速な進化で)録音物を加工した「アートロック」の流れができた
ロックンロールのロールはダンスフロアで楽しむイメージだが録音芸術ロックにはその要素はない

42 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:58:21.91 ID:UpSXy+mv0.net

こんなウンチクばっか言ってるからロックは死んだんだよな
ジャズと同じ道を進んでるわ

43 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 19:59:16.26 ID:xFRlt4po0.net

白人も黒人も互いに影響は受けた。その度合いは別として。
ヒルビリーからカントリーは生まれたが、
あの山の中の白人たちは黒人同様貧しかったのだ

44 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 20:06:53.05 ID:cr7YJMJS0.net

>>20
アルバム単位で作品を捉えるようになるのは60年代後半から
50年代のロックンローラーはシングル単位だから、こういうアルバムランキングの企画じゃベスト・アルバムを選ぶしかない

45 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 20:07:05.29 ID:qbOdyAPj0.net

ジミヘンプリンスレニクラとかは白人ロックからの影響も強いわな
というかむしろ白人に支持された
ロックンロールって女と一発やりたいぜみたいな浅いイメージなのよな
そのリズムをもらって深みや広がりのある音楽にしたのがロックというイメージだな
でもそれが行きすぎてパンクなんかで回帰したり
そういう繰り返しやな

46 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 20:08:32.67 ID:8ffyrUXw0.net

>>42
ウンチクで本書けるのがロック
書けないのがロックンロール

47 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 20:10:41.93 ID:cr7YJMJS0.net

>>41
ロックンロールが一旦下火になるのは単に同じような曲ばかりで飽きられたから
ビートルズはハンブルクでずっとダンスバンドやってた訳で指摘は全くの的外れ

48 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 20:11:55.73 ID:8ffyrUXw0.net

>>45
黒人にとっても
ビートルズ以前と以後は明らかに違うよね
ジャズすらレノン・マッカートニーの曲に
釘付けになったし

49 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 20:12:27.85 ID:xFRlt4po0.net

キンクスのロングトールサリーは酷い出来だ
これはボーカルがリトルリチャードやポールマッカートニーに到底及ばないのもあるが、
8ビートなのだ。ロールしていないのである

50 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 20:18:01.64 ID:rm0xUxYu0.net

>>17
こういう人ってJ GELS BANDやFOGHATあたりをどんな気分で聴くんだろうか?

51 :名無しさん@恐縮です:2021/12/30(木) 20:25:44.78 ID:8ffyrUXw0.net

>>50
聞きたくない
CD屋でもスルーしてた
AC DCはわりと好きよ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です